精神科と心療内科の違いについて

具体的に心療内科と精神科では、どこが違うのでしょう。この疑問を抱く人は非常に多いと思います。

精神科医と心療内科医の違い

厳密には別だが、心療内科医と精神科医の違いは駅前のメンタルクリニックでは問題にならなくなってきている

まず、現在メンタルクリニックと呼ばれる病院が非常に増えました。その看板には多くの場合「心療内科」または「心療内科・精神科」という書き方がされているのではないかと思います。

ですが、多くのメンタルクリニックで診察を担当している医師の専門は精神科であることがほとんどです。

圧倒的に精神科医の方が多い

精神科医と心療内科医の人数を比較しても、圧倒的に精神科医が多いのです。これは、心療内科医の養成機関が少ないことと、歴史的に精神科の方が長いという理由からと考えられます。(精神神経学会に人数に言及するぺーじがありました→精神科は最近医師数が増えている

専門性

精神科医と心療内科医では、その専門性が異なります。精神科医は精神医学を背景に活動していますが、心療内科医の背景は心身医学となります。精神科医については、広く知られるように、うつ病やパニック障害など、精神疾患の治療を専門にしているわけですが、心療内科医は緊張性頭痛や胃潰瘍など、心身症と呼ばれる疾患を治療対象としています。(心療内科については、別サイトもご参照下さい。)

ですが、総合病院にしても、メンタルクリニックにしても実際には明確にその専門性を区分けしてあることばかりではなく、結果的に精神科医が心療内科分野のことに詳しくなったり、心療内科医が精神科分野に詳しくなるようです。しかし本来はその発進点は別々な専門性を持っているわけです。

また、一般的には上述したように、受診しやすいように(精神科への敷居が高いというイメージがあるためと考えられます)などの理由から精神科医が診察しているメンタルクリニックでも心療内科が標榜されることが多いわけです。

また、総合病院に精神科医と心療内科医が在籍していたなら、その病院の外来は精神科医と心療内科が区別されて開かれているはずです。

この場合、受診する立場としては、どちらに受診して良いものか非常に迷います。受付の人も何度も何が違うのですか?という質問を受けているかもしれません。

もし、受診前に、内科や整形外科に通院中であれば、その主治医に聞いてみると良いかと思います。主治医がいる場合は、どちらかに紹介状を書いてくれることでしょう。

→合わせて、よく話題になるところの、精神科医と臨床心理士の違いは視点にある?もご参照下さい。別サイトです。