士業も悩む。SEO対策は人工知能との闘い

IT革命以降、徐々にインターネット検索が主流になり、現在では、士業運営とも密接なものとなろうとしています。士業を営む多くの人がSEO対策への疲弊を感じているのではないでしょうか。

SEO対策は人工知能との闘い

SEO対策日本全国の中で、弁護士や行政書士などが、SEO(エス・イー・オー)ということに取り組んでいる姿が想像されます。

ワード、エクセルとはじまり、パワーポイント、そしてホームページ作成と、案外士業はIT化社会と伴走しているように感じられます。

ホームページは、作成するだけでは、あまり多くの人に見ていただく機会が増えるとは言えない時代だそうです。検索エンジンに見つけてもらうことが、そのことを促進させるそうです。

そのため、ホームページを検索エンジンが見つけやすくなる構成を考えたり、また、評価を高めるようなコンテンツを作る必要があるとのことなのだそうです。

時代の最先端、人工知能との闘い

実は、この闘いは人工知能と人間の闘いでもあります。

人間の関与はもちろんあるのでしょうが、検索順位には人工知能が関わっているのです。一体どういう考えのもとに順位を決めているのか、人工知能が考えそうなことを予想しなければならないのです。

SEOの専門書を購入する士業の方もいる?

完全に専門外のことではありますが、広い日本の中には、ブログやホームページの更新に労力を使っている弁護士さんがあちこちにいるのではないかと思います。専門書を購入するとしたら、ホームページ作成のテキストということもあることでしょう。

なかなかこうした具体的なストレスが例に挙がることはありませんが、士業のテクノストレスが全国的にかなり高まっているのではないかと想像しています。

希望に燃えて士業に就いた人は、このような現実の前に何を感じているでしょうか。

リアリティショックの項でも触れていますが、「こんなはずではなかった」とがっくり来ている方も人知れずあるのかもしれません。

本来の業務とは、本当にかけ離れた内容です。もうやっていられない!と業者にお金を支払った人も多い事でしょう。

孤独な闘い

SEO対策おそらくこの手のストレスは、担当者にでもならない限り、体験する機会はほぼないでしょう。

もし、社内やどこかの組織で、やたらと、パソコンに向かう時間が増えているその人は、SEO対策に苦闘している人であるかもしれません。

それは非常に孤独な戦いだと思います。また順位が下がった・・・などとつぶやいているかもしれません。