逃げ場がない。音も気に出したら相当な負担になるのでは

音がストレスとなることもあるでしょう。

それは、国道に車が走る音、何かの工事の音、電車の音、人の話し声など様々です。

我々の感覚は難しいところで、日中であれば問題にならないことも就寝前となると、やたらに気になるということもあるでしょう。辺りが静かなためか、その他の音が際立っているのでしょうか。

騒音はじわじわ堪える

アパートなどで独り暮らしの場合、隣の部屋の生活音が聞こえるものです。致し方ないと思いつつも、寝つきの良くない晩などに、何かの音楽の断片が聞こえてきたりすると堪えるものです。

例えばズンズン、ズンズンというベース音だけがやや振動を伴って聞こえるような場合は尚更のことでしょう。日中であれば、気にならない音でも非常に心地悪く感じることがあります。

眠りを妨げられ引っ越す人さえある

耳栓などもさほど効果があるとは思えず、結局朝方まで眠れないということも多々あるのではないでしょうか。

しかし午前中から予定があるので長く眠るわけにもいかないのです。このようなことが、年に時々くらいであればまだしも、毎日ということであれば、いっそ引っ越しを考える人も出てくることでしょう。生活の中の安心や安全が脅かされているに近いでき事ですから、引っ越しを考えたとしても不思議ではありません。

柏駅前に住んでいた人が、我孫子の駅から少し離れたような場所へ引っ越すならば、全体的には静かになるでしょう。

しかし、隣人はまた別な人がいますので、一軒家でも借りないことには、可能性は残ることになります。あまり重低音が混ざっている音楽を聞かないような年代層が集まるアパートなどがあればいいのかもしれませんが、それを見分けることは困難であるように思います。

冷蔵庫の音が気になる

冷蔵庫の音音はやはり我々の日常生活に密接に関係することのように感じます。

冷蔵庫は多くの家庭で使用されていますが、冷蔵庫から音が出ていることをあまり意識する機会はないでしょう。

大きな間取りの中に置いてある冷蔵庫の場合はさほど気にならないと思います。

しかし、寝室に冷蔵庫があったり、ワンルームで暮らしているような場合には多少なりともその音の存在に気づかされるのではないでしょうか。

ビジネスホテルの一室も近い状況ですが、やはり、小さな冷蔵庫が設置されており、音が聞こえます。(余談ですが、繁華街に近いビジネスホテルでは、夜間も車や人の往来があり、その音が聞こえることになるでしょう。)

冷蔵庫の製造年と部屋の大きさ等を総合して、聞こえてくる音の大きさが決まるようです。

普段であれば生活音でかき消されて何も気にならない音ではありますが、一度気になりだすとなかなか苦痛を伴う音でもあります。

人間の感覚は実は非常に鋭敏なのだととも思いますが、不便にも感じる一面であります。

冷蔵庫の電源を切ってしまうという方法がありますが、しかしながら、それでは冷蔵庫そのものの機能を果たせないという問題が生じてきます。

なかなかマネジメントが難しい

音関係のストレスは、マネジメントということが非常に難しい対象であるように感じます。慣れる類の音もあるかもしれませんが、どういうわけかいびきの音などは慣れるというより、また始まったのか・・・という感覚が強く出るのではないでしょうか。人によってこれも感じ方はまちまちなのかもしれません。