軽くは見られない!年度初めの混乱は尋常でないほど浮足立つ

師走の時期を、忙しく終えたかと思えば、新年もドタバタではじまるものです。 しかしながら、最も恐るべきは4月の年度初めではないでしょうか。 この時期、職場には大きな変化が訪れます。

上司も変われば、同僚が異動したり、業者も変わることがあります。 人間関係も大きく変化する可能性をもっている時期であることは間違いありません。 自分の会社は、9月に区切っているという場合であっても注意が必要だと思います。他の会社の混乱に影響される可能性も十分にあります。

 年度初めの混乱

異動や、様々な制度の変化などは多くの人が意識していることで。職場に限らず、新しく法律が施行されることさえあるでしょう。そして、もう一つには、人々の気持ちがソワソワする時期であることが特徴的だと思います。

人口が増える?

街を行く人が、いつもより多く感じられます。冬の寒さが終ったためなのか、社会の動きが活発化するためなのか、とにかく街には、先を急ぐ人の群れが増えて行きます。

あたかも、街の酸素量が薄くなるかのような勢いで、見ているだけでも圧倒される人もあることでしょう。 体感的には3倍位に感じられると思います。スーツ姿の新社会人らしき人もいれば、上京したと思われる、学生風の人も多く見受けられます。

花見

年度初めの混乱この時期に、花見を行う職場やサークル、団体があります。 都内にも多くの花見スポットがあり、しばらくの間、賑わいを見せます。地方にも桜の名所が数々あり、普段は人影のない場所でも、多くの人で賑わうものです。

桜の花は、美しく儚いとよく言われますが、花の下であると、ついついいつもより気分が高揚して、うっかりした失敗をしてしまう人も多いのだと思います。

人間関係の変化

そして、職場で働いていくうえで、最もと言えるほど大きな変化は、やはり人間関係に関することではないでしょうか。 職場の人事異動は、本当に急激に進むことがほとんどです。 三月まで一緒に働いていた人が、4月には全く別の部署や、遠くの地に転勤することすらあり得ます。

終身雇用の場合でも、多くの出会いと別れが職場にはあるようです。

まとめ

この激動の中で、我々は知らず知らず、どこかで変化の影響を受けているはずです。 本当に忙しいのかどうかわからないけれど、いつも以上に頑張っている可能性も十分にあり得ます。

また、学生などは新しく友達を作ろうと、自分のペースを忘れてしまうかもしれません。 こんな我々の地に足が付かない姿は、散った桜の花が風に吹き飛ばされるほど危うい状態に例えても良い位だと思います。 3月が4月に変わっただけでは済まされないのでしょうか。どこか、必要以上のエネルギーが動いているのだと思います。