ライブ方式

ライブ実際にリラクセーション方法を紹介する際、ライブ方式で行うことがあります。

つまり、その場で実際にリラクセーションを実施します。

これには、相当の修練を必要とするため、初心の場合は技法を少数に限定するなどの工夫を要するでしょう。

ライブ方式はPowerPointより伝わる

パワーポイントスライドなどでイメージを掴めるとは思いますが、どのように進めるものなのかを示すには、ライブ方式は優れています。

説明後にはいどうぞやってみて下さいではなかなかうまく行かない

言葉や写真で説明しただけで、「はいどうぞ」と言っても、そう簡単に行くものではありません。

どのようにしたら、実際にリラックス感が得られるかを考えて進行を組み立てなければいけません。これは専門性と言えるでしょう。

目の前で肩を弛める

具体的には、その場のどなたかの左肩を弛めるようなことを指します。

左右の方の様子を聞き、左肩を弛めることが決まったら、動作法などの技法を用います。

実際に、肩が弛むところまで到達する必要があります。

やはり事前に練習を

カウンセリングの訓練にロールプレイがありますが、ここでもそのロールプレイと同様の訓練が意味を成します。

体は人によって身長も体重も異なりますので、できれば多くの人と訓練を行うことが望ましいでしょう。

まさしく、他の人に見られながらの状況は緊張するものです。