特殊な機械を用いる

ストレスケアの方法に、機械を取り入れることは、敬遠されるような
ことでしょうか。

ストレスケアにはどこか温かみが必要なのではないかと感じる
人が大半だと思います。また、実際的に大事なことだと思います。

ですが、同様に機械(文明)の力に感服するようなことも案外多いものです。

しかし、機械によるストレスケアの方法など本当にあるものなのでしょうか。
例えば、音楽を聞くことがストレスケアの方法に挙げられるならば、コンサートに
頻繁に出かける必要はなく、CDラジカセという機械を用いています。どちらかと
言えば、間接的にでも多くのストレスケアには機械が関係しているのでは
ないでしょうか。

実は、カウンセリングや医学の分野では、バイオフィードバックというものがあり、
これには機械を用います。発想としては、機器の力を借りて、不安やストレスの
自己コントロールを目指そうとする方法です。今回は本題ではありませんので、
また何かの機会に触れたいと思います。

今回、真っ先に思い浮かぶ方法は、自動のマッサージチェアなどのことです。

デパートの家具コーナーなどに出掛けると、電動のマッサージチェアに買い物に
疲れ果てたのではないかと見られる人が座っている光景をよく見かけます。

値段は各種在りますが、試してみると、非常にクオリティが高いことに気づかされます。

もしかすると、お得感を持って帰れるのではないでしょうか。

家族に肩を揉んでもらって、あまりに適当な揉み方に喧嘩をした経験を
お持ちの人もいると思います。

その点、機械においては、まさに機械的にマッサージを進めて行きます。
このように書いていくと、何か非人道的なことのように感じられてきますが、
肩を揉む方としても、いつも頼まれてばかりでは実が入らないことも
あるのでしょう。

例えば、15分をワンセットにマッサージチェアを使用すると、かなりの
リラックス感を得ることができます。もし10年前に試してがっかりしている
場合には、最新のモデルを試してみると得るものがあるのではないでしょうか。
10年たてば、携帯電話の進化からすれば、想像を絶するマッサージ機が
開発されていてもおかしくありません。

もし、自宅にこれがあったならば、ストレスケアの方法として、大きな力に
なってくれるのではないでしょうか。
(使用上の注意点などよく読み、事故や怪我に気を付ける必要はあります)

特殊な機械