照明に気をつかう

照明心地よさということを追及していくと、見た目や広さばかりでなく、照明も関係して
くることに気づかされます。その他、触感や臭いも重要になってくるのだと思います。

では、照明によって心地よさに違いがでるとはどのようなことなのでしょうか。

照明に注目する

確かに電球など買いに出掛けると、色が微妙に違ったり、丸い形から、四角い 形と1種類ではありません。

シャンデリア型をしたものから、裸電球まで何気なく使っていた照明器具には 多くの種類があるのです。

うっかり、電気をつけたままウトウトしてしまった経験をお持ちの方は多いでしょう。

屋内で使用している照明も、真っ向から照らされているとおそらく眠りの質を
損ねるのではないでしょうか。我々が居眠りでいまいちな思いをしているのは、
照明の明るさにも一因があるように思います。

もし豆電球にしてから居眠りをしていたなら、もっと心地の良い居眠りができるのではないでしょうか。

心地よい照明とは

さて、心地よさということを追及していくと、見た目や広さばかりでなく、照明も関係して くることに気づかされます。その他、触感や臭いも重要になってくるのだと思います。

では、照明によって心地よさに違いがでるとはどのようなことなのでしょうか。

確かに電球など買いに出掛けると、色が微妙に違ったり、丸い形から、四角い 形と1種類ではありません。

シャンデリア型をしたものから、裸電球まで何気なく使っていた照明器具には 多くの種類があるのです。

ざっと考えてみると、住宅内にも10種類ぐらいの照明が使い分けられていると思います。玄関の照明と、寝室の照明、キッチンの照明はそれぞれ異なるものなのでしょう。一人暮らしのアパートでも3~5種類は使っているように思います。

細かいレベルで考え始めると大変そうですが、ストレスケアや、心地よい空間を演出する際には、照明の使い方も重要になって来そうです。