毎日同じように眠りたい。大人に適した入眠儀式とは

我々の生活スタイルは、自然と眠る前には家に戻ったり、お風呂に入ったり、日中の様子と比べると、ゆったりした感じになっているように思います。

夜中になれば電車も走らず、多くのお店も閉まっていきます。住民全体がそれとなく眠りの方向に意識を向けて行くようであります。

眠る前にどのような過ごし方をされているかは人によって異なるようです。

入眠儀式ある人は、ベッドに入ってから本を読む習慣があり、眠くなったら電気を消すなどして、眠りに入っていくでしょう。

またある人は、テレビのニュースを見ながら眠りに入っていくでしょう。

もし、アンケート調査を行ったら、人によってその様子が異なるという結果が示されると思います。

これらは入眠儀式と呼ばれますが、どのような形があるのでしょう。

大人の入眠儀式のあれこれ

入眠儀式さて、一般的に眠る前のカフェインは寝つきが悪くなると言われますが、眠る前にコーヒーを飲むという人もいるものでしょうか。場合によってはそのような入眠儀式を行っている人もいるかもしれません。

寝る前の飲み物

寝る前のコーヒーは、なかなか強烈な刺激物になると思います。それでも眠れるという人もいるのだと思いますが、特別コーヒーにこだわらないのであれば、別な飲み物をあたった方が眠りやすいのではないでしょうか。

ある人は、夕方以降カフェイン類は控えています、という風におっしゃります。つまり夕方から眠りを意識されているわけです。この辺も個人のスタイルが出そうなところと感じます。

カフェインが入っていない飲み物と言えば、ハーブ―ティーやミルクが思い浮かびます。

しかし、ここで一点注意しておきたいことは、飲み心地です。寝る前にわざわざ好きでもなく、苦くて後味の悪い飲み物を飲むのはいかがなものでしょうか。

ハーブティーもブレンドによっては、非常に精進深い味になっています。味を気にすることも大事なのではないでしょうか。

音楽

もし音楽をかけて眠るという人は、旅先で少し苦労することになってしまうでしょうか。その場合は、音楽を再生できるようにして出掛けねばなりませんので、少し手間がかかると言えます。

しかし、音楽を入眠儀式にしている人は多いようです。

音楽の場合は、逆に興奮するものもあるでしょうから、曲選びが要になると思います。

歌詞が入ったものはいかがでしょうか。熱い愛の歌や、悲しみを歌った曲は多いものですが、寝る前に聞いてしまうと気持ちが収まりきらないことはないでしょうか。(これも難しい所で、中には、激しい曲でも怒りを代弁してくれたようで気持ちが休まるなどの体験を生むこともあり得ると思います)

逆に、日中でも音楽を聞いているとついつい眠ってしまう曲もあるものです。これは歌詞入りの場合でもそうです。そんな曲を厳選してみるのも一つの手でしょう。

その他、バイオリンの曲かピアノの曲か、などこれらを考え出すと話はより複雑です。

一昔前に流行った、川のせせらぎや、森の鼓動のような、鳥のさえずりなどがおさめられているCDを選ぶのも良いと思います。

寝る直前の儀式とは限らないのでは?

あまり注目されていませんが、寝る直前以外にも我々は眠りに入る準備を行っているように思います。

例えば、入浴や夕食もそれにあたるでしょう。

何か、お風呂の後には、一日が終了した感覚をもたらすかもしれませんので、入浴から数時間後には眠っているようなサイクルがあり得ると思います。

その他、もっと遡れば、帰宅中の「徒歩」などもこれにあたる可能性があります。

毎日の事ではありませんが、徒歩の時間にクールダウンをして、眠りの下準備をしているのかもしれません。

こだわり過ぎると逆に眠れない可能性

色々書いてみましたが、神経が昂ぶっている時は、通常眠りにくいものです。

もし、入眠儀式を必ず実行せねば!と力を込めていたならば、力の入り過ぎで逆に眠れない可能性も残ると思います。

力が入り過ぎてしまったときには、ほどほどにするか、いっそ入眠儀式の事はひとまず忘れてしまうのもあって良いのではないでしょうか。