コーピングとは

ストレスが多いと言えども、我々にはストレスに対処していける力があり、その対処のことをコーピングと言います。

先のページでも触れましたが、例えばジェイコブソンの漸進的筋弛緩法もコーピングの一つと言えます。ジェイコブソンの方法は専門的でありますが、入浴や食事、運動なども日常的に行われているコーピングの一種になります。

コーピングコーピングはなるべく多くの手段を持っている方が良いのではないか、という見解があります。つまり、運動というコーピングを持っている人が、買い物や音楽などの手段もレパートリーに持っておくことで、コーピングの幅が広がり、よりストレスへの対処がうまく行く可能性を高めるということにつながるようです。

確かに、運動をコーピングにしている場合、もし怪我をして運動できないような際には、コーピングとしての機能を果たせなくなる部分が多くなってしまうことでしょう。もちろん指導側に回るとか、この際スポーツ研究の時間に使うなどという方法は考えられますが、思い切り体を動かすことからはしばらくの間遠ざからざるを得ません。

また、なるべく数が多い方が良いということ以上に大事に感じることは、やはりその人にあった方法であるかどうかという点です。好きでもない音楽をストレス対処のっ方法だからと聞き続けるのは新たなストレス以外の何物でもないでしょう。

コーピングのタイプ

また、コーピングは幾つかに分類して考えることができます。

ストレッサーに曝されたとき、その対処法方略は様々考えられます。

例えば、何かのテストを受ける時多くの人はストレスを実感するものですが、この状況に対しても我々はコーピングを働かせ対処しようとしています。

  • 問題焦点型:テストの不安に駆られている人は、なるべく多くの情報を集めたり、たくさん勉強時間を確保するという対処になるかもしれません。
  • 気分調整型:別に今回のテストができなくても、次があるさと、気楽に考えようとする人もいます。
  • 回避型:いっその事、何らかの事情を探してテストを受けないことにする人もあるでしょう。

このように、コーピングの種類は、色々と挙げられます。回避できないテストがあったなら、このとき回避型のコーピングは塞がれてしまうので、レパートリーはやはり多く持っていた方が対処しやすいのでしょう。

コーピングということを突き詰めて考えて行くと、表層的な話に終始できないテーマであることに気づかされます。根本的には、、生き方という次元の話になってくるのではないでしょうか。ストレスが増えたから、ストレス対処すればいいだけであるという発想は、人間には当てはめられないのではないでしょうか。